「おめでとう」の意味について調べてみました

明日、会社の後輩の結婚式があり、「おめでとう!」の気持ちを心に抱いていたところ、

「おめでとう」って何?と思ったので調べてみました。

そもそもの言葉は「目出度い(めでたい)」です。

え?「目出度い」をずっと見ているとこんな言葉あったっけ?というくらい謎の言葉。

「目出度い」という言葉は、上記のように漢字を見ると不思議に感じてしまうのは当然のようで、ただの当て字だそう。「芽出度い」と書くこともあると。

まずは前半部分の「めで」ですが、これは「賞賛する」という意味の「めづ(愛づ)」(愛でるとかとも関係あるのかな。)からきています。

その「めで」の後ろに甚だしさを表す「いたし(甚し)」が付いて、「めでいたし」(スーパー賞賛)がもと。

これが縮まり「めでたい」なんだそう。

そしてこの「めでたい」をお祝いのあいさつの言葉とすると(何やら「おめでたい」の連用形「おめでたく」のウ音便とやらを経て)「おめでとう!」になるそうです。

超おめでとう!

関連記事

return top