髷の種類【総髪・茶筅髷・本多髷】形と意味や由来

髷フリークの皆様こんにちは! 今回はいくつかの髷の種類について書いていきたいと思います。

まずは「総髪(そうはつ)」。 総髪 額から頭頂部にかけて毛髪を剃る「月代(さかやき)」を作らずに、前髪を後頭部上側に向けて束ね、結ったもの。

束ねた髪は後ろにそのまま向けるタイプと前に向けるタイプがある。

時代劇などでも見かけるこの髪型は私の好きなスタイルの一つでもある。なので少しかっこよく描きました。

室町時代まではこの髪型はわりと一般的だったようですが、江戸時代に入ってからは学者さんや神官、お医者様がこの髪型にしていたそう。

時代劇では浪人風の武士たちがこの髪型で登場することが多いが、背景としては江戸時代後期からこの髪型が武士にも流行ったこと、儒教が広がり、思想家としての側面を持つ武士たちが増えた事(学者よりになるため)、そして手入れが楽なことからあまりお金を持たない浪人たちがこの髪型を好んだことが理由といえる。

もともと武士たちは戦う者たち(兜ムレムレを防ぐため)、その者たちが前述した「月代」を作っていたが、学者さんやお医者様は「戦い」にはあまり参加しないのでその意味を「月代」を作らないことに込めたそう。

「月代をつくらずに全ての髪を残す」

ことから「総髪」という呼び名になったそう。 次に「茶筅髷」。 茶筅髷 お殿様チックであるが、実は安土桃山時代には若者に流行った髪型。奇抜を好んだといわれる織田信長さんもこの髪型で有名ですね。

これには「月代」を作るスタイルと作らないスタイルがある様子。

結った髷の先を「茶筅(ちゃせん)」に見立てた抹茶スタイル。

江戸時代には女性が結った事でも知られる。女性の場合は大名や武家の未亡人が主にこの髷を結ったそう。

これにはかっこいいお話がある。

ご主人が生きていた時はご主人の髷をよく結っていたが、ご主人が亡き今、

「私は自分の髷を結い、他の男性の髷を結うことはない」

という意味が込められている。

今回の最後は「本多髷(ほんだまげ)」。 本多髷 超有名スタイル。ザ・髷でござるよ。

この髷は江戸時代の男性の間で一世を風靡した髷です。

もともとは芝居役者さんがこの髷を結って芝居をしていたが、それが後に大流行したそう。

当時のオシャレ番長の髪型として広まり、南蛮のモノを身に付け、キセルを加え、そして本多髷を結い、遊郭なんかで楽しんじゃうのが最高にイケテルと言われていた。

今で言う「ツーブロック」並みの人気なのでしょうか(もっとか)。

額から頭頂部にかけての髪を無くした髪型が流行したかつての時代と、側頭部と後頭部下側の髪を短くした髪型が流行っている現代。

300年後はどんな髪型が流行っているのでしょうか。

この他にも多くの髷スタイルが過去には存在していました。 奇抜なものも含めるとかなりの数があります。

髪型はいつの時代もオシャレを追求したものなのでしょう。中には「女性の茶筅髷」のような想いの込められたものも数多くあるのかもしれません。

今後も少しずつですが「髷の種類」について書いていきたいと思います!

関連記事

return top